前歯の矯正的挺出(エクストリュージョン)|市川市行徳駅から徒歩3分の歯医者は 行徳TM歯科

行徳TM歯科

スマホサイトもあります

0477114618

診療時間 9:30~13:30/15:00~19:00
※土日は17:00まで。金・祝休診

症例紹介

前歯の矯正的挺出(エクストリュージョン)①

こんにちは。

行徳TM歯科 副院長の石川です。

今回は歯の矯正的挺出を行った症例をご紹介します。

矯正的挺(きょうせいてきていしゅつ)。聞きなれない言葉だと思います。

簡単に言うと、虫歯などの進行により、歯が歯茎の奥の方にしか残っていない場合に、

部分的な矯正装置を装着し、歯を引っ張り上げる手法のことです。

この患者さんは、前歯を綺麗にしたいという希望で来院されました。

 

 

 

 

 

 

透明感や艶がないため、被せ物だとすぐにわかってしましますね。

被せ物を綺麗にするため入っていた被せ物と土台を外してみると…

 

 

 

 

 

 

健全な歯が歯茎の奥の方までないのがわかります。

このまま被せ物を作ってしまった場合、歯肉の中に被せ物が入ってしまうため、

炎症の原因なってしまいます。また歯肉の上に支える歯質がないため

取れやすい被せ物になってしまいます。

つまり、綺麗で長持ちする被せ物を作るには、

歯肉の上に健全な歯質があることが非常に重要なのでです!

そして、歯肉の上に健全は歯質を得るために行うのが

矯正的挺出(エクストリュージョン)でです。

 

 

 

 

 

歯につけたフックと、隣の歯に固定した鉄棒にゴムをかけて、

歯を引っ張ります。定期的にゴムを交換しながら、通常は一ヶ月ほど引っ張ります。

 

 

 

 

 

 

引っ張りあげている期間は、このように仮歯を貼り付けておくので、

見た目の問題はありません。

 

 

 

 

 

 

引っ張りあげてから4週間。随分歯が歯肉の上に出てきました。

 

 

 

 

 

 

その後、歯と一緒に出てきた余分な歯肉を除去します。

 

 

 

 

 

 

歯肉が治り、土台を立てたところです。

歯肉の上に、健全な歯質が得られたのが分かりますね。

 

 

 

 

 

 

冠を被せて治療は完了です!オールセラミックスの冠により

自然で綺麗な仕上がりです。

 

 

 

 

 

 

治療前と比較すると一目瞭然ですね。

患者さんも大満足で治療を終えることができました。

 

この症例のように、行徳TM歯科では、ただ綺麗な冠を被せるのではなく

歯の長期にわたる維持まで考えた治療を提案しています。

お口の中で気になることは是非ご相談ください!

ページトップへ戻る