認知症と歯科治療|市川市行徳駅から徒歩3分の歯医者は 行徳TM歯科

行徳TM歯科

スマホサイトもあります

0477114618

診療時間 9:30~13:30/15:00~19:00
※土日は17:00まで。金・祝休診

ブログ

認知症と歯科治療

秋の長雨が続いていましたが、今日はつかの間の秋晴れ!気持ちいいですね。

金木犀の香りか街中に広がっています。

また、台風が近づいているようで、季節の変わり目は体調を崩しやすいので、十分気をつけてください。

院長の塚原です。

先日敬老の日では、100歳以上の元気な方々が沢山表彰され、活躍される姿を色々なメディアで目にしました。

とても素晴らしいことだと思います。

日本は、2017年間には4人に1人が65歳以上という、超高齢化社会を迎えています。

元気で活躍されている高齢者の方がいる一方で、要介護高齢者数も増加の一途をたどっているのが現状です。

前回、フレイルのお話をしましたが、身体と共に精神疾患も増えており、なかでも認知症の問題は緊急課題の一つです。

認知症は現在、70歳で5%、85歳以上では30%に達するそうで、2025年には軽度認知障害も含めると1300万人を突破するという推計値が報告されています。

フレイル同様、元気なうちに口腔ケアや口腔機能を整えることで、認知症発症のリスクを少なくすることができます。

もし認知症になってしまったら、どうすればいいでしょうか?

認知症の患者さんは日常生活の自立度が低下しますので、セルフケアである歯磨きが困難になります。歯磨きができないと、虫歯や歯周病などの口腔環境は悪化し、治療に対しても理解、協力が得られず、ますます悪化してしまいます。

食事の介護も大変なので、やわらかく食べやすい物ばかりになってしいまいがちです。そのような食べ物は糖分も多く、歯にくっつきやすいのです。

そうなると栄養も充分取る方ができず、誤嚥性肺炎などの問題もあり、全身状態も悪くなってしまいます。

口腔ケアをご家族の方に指導してお願いするのですが、これはとても大変で、大きなストレスになります。

歯科医院で、まずは可能な限り継続的に口腔ケアを行い、気道感染や口腔内の感染症の予防に努めることがとても大切です。

ページトップへ戻る