安全に親知らずを抜くために|市川市行徳駅から徒歩3分の歯医者は 行徳TM歯科

行徳TM歯科

スマホサイトもあります

0477114618

診療時間 9:30~13:30/15:00~19:00
※土日は17:00まで。金・祝休診

ブログ

安全に親知らずを抜くために

こんにちは、行徳TM歯科 副院長の石川です。

当医院では紹介の患者さんも含め、親知らずの抜歯を希望される患者さんが多くいらっしゃいます。

一般的に抜歯が難しいとされる下顎の横に生えた親知らずも多く抜歯しています。

下の親知らずのすぐ下には下顎管という神経の管が走っていて、抜歯時にこの管を傷つけてしまったり、圧迫してしまうと神経の麻痺が出てしまうことがあります。

そのため当医院では下顎の親知らずの抜歯前には術前のCT撮影を行い、親知らずと下顎管の位置関係を3次元的に把握し安全に抜歯を行っています。

 

 

 

 

 

 

実際のCT画像です。緑で縁取られている管が下顎管という神経の管です。

この写真では横向に生えた親知らずと接していますね。

 

 

 

 

 

上の写真は同じ親知らずの3Dイメージ画像です。

歯科用のCTを撮影することでこのように立体的に歯と神経の下顎管の位置関係がイメージできますので、非常に安全に抜歯することが可能になります。

歯科用CTは医科用のCTよりかな少ない被曝量で撮影が可能です。また、親知らずのCT撮影は保険が適応されます。

親知らずが腫れたり、嫌な臭いがする。

親知らずの抜歯は大学病院でやってくださいと言われた。

このような方はぜひ一度ご相談ください。

正確に診断を行い、安全に抜歯致します。

 

 

ページトップへ戻る