ブログ

プラークと歯石の違いについて

初めまして衛生士の小栁です。

みなさんよく聞くプラーク(歯垢)と歯石について知ってますか?

これからプラークと歯石についてお話しします。

⭐️プラーク(歯垢)は細菌の塊になります。プラークが歯についていることにより、虫歯や歯周病の原因になります。

また、プラークを取ることにより誤嚥性肺炎、インフルエンザ、術後感染症の発症を予防できます。

プラークは柔らかいので、歯ブラシやフロスなどで落とせます。

 紫色に染まっているのがプラーク

⭐️歯石はプラーク中の死滅した細菌が石灰化して歯の表面や被せ物に付着した物です。

歯ブラシでは落とすことができないため歯科の機械で取ります。

また、歯石があることにより歯の表面がザラザラしているため、さらにプラークが溜まりやすくなり歯茎からの出血や口臭の原因にもなります。

歯の周りに付着してるのが歯石

みなさんのお口の中はいかがでしょうか

最近歯医者に行ってない方ぜひ歯科医院を受診しましょう。

Translate »